楽器「アルモニカ」が奏でる音色が素敵過ぎる。

楽器「アルモニカ」が奏でる音色が素敵過ぎる。

こんな楽器初めて知ったけど。

アルモニカ(armonica)は、ベンジャミン・フランクリンが1761年に発明した楽器です。

グラス・ハープを工夫して作られており、大きさの違うグラスを重ねて音階を奏でます。

神聖な気持ちになる。

グラスハープだと指に水をつけないといけませんが、ガラス碗の下に水を張った盆を設置することによって、奏者が自分の指を濡らさなくとも、常にガラス碗のほうが濡れた状態を保ってくれるように工夫されているそうです。

学術系カテゴリの最新記事