ウネウネと氷の上や水中を進むロボット「Velox」がカンブリア紀の生物っぽい。

ウネウネと氷の上や水中を進むロボット「Velox」がカンブリア紀の生物っぽい。

Pliant Energy Systems(PES)が開発。

ニューヨークのブルックリンに本拠を置くエンジニアリング企業Pliant Energy Systems(PES)が開発したロボット「Velox」。

シート状のヒレを動かして進む様はまるでスカイフィッシュのよう。

より少ないエネルギーで流体を流す。

アカエイなどと似た原理でVeloxは水中を進み、より少ないエネルギーで動けるよう開発が進んでいます。

海岸に待機した軍隊へ医療用品や弾薬を補給するなどの活用方法が模索されているそうです。

個人的にカンブリア紀のアノマロカリスに似てるなって思いましたがどうでしょう。

学術系カテゴリの最新記事