2,250枚の写真を使ったストップモーションによるミュージックビデオ。

2,250枚の写真を使ったストップモーションによるミュージックビデオ。

とんでもなく根気のいる作業・・・。

ストップモーション・アニメーションとは、静止している物体を1コマ毎に少しずつ動かしカメラで撮影し、あたかもそれ自身が連続して動いているかのように見せる映画の撮影技術、技法のことですが、このミュージックビデオでは2,250枚の写真を使っていますが、写真の中にも動きがあり、フレームでも動きを表現するという2重のストップモーション・アニメーションとなっています。

普通に撮影するよりも手間がかかりますよね。

一体どれだけの制作時間がかかったのでしょうか。制作作業中盤が一番しんどそうw

学術系カテゴリの最新記事