難聴の赤ちゃんが人工内耳インプラントで初めて音を聞く瞬間。

難聴の赤ちゃんが人工内耳インプラントで初めて音を聞く瞬間。

電気信号が内耳に送られ聴覚神経を刺激。

人工内耳とは聴覚障害者の内耳の蝸牛(かぎゅう)に電極を接触させ、聴覚を補助する器具のことです。

マイクロホンが外の音声をとらえ、体外にある音声分析装置で音を電気信号に変換し内耳にある電極へ送られ、電極が聴覚神経を刺激することで音を認識するそうです。

万能の聴力回復技術ではない。

かなりの程度で言葉を聞き取ることができるようになりますが、個人差があり、劇的に聞こえるようになる人もいれば、あまり効果がなく外してしまう人もいるそうで、この技術は一定の限界がある医療技術とのことです。

いつかこういうハンディキャップが完全に治せる日が来るのでしょうか?

感動系カテゴリの最新記事