纏足(てんそく)が一般的であった時代を生きてきたおばあちゃんの足を撮影した貴重な映像。

纏足(てんそく)が一般的であった時代を生きてきたおばあちゃんの足を撮影した貴重な映像。

纏足とは?

幼児期より足に布を巻かせ、足が大きくならないようにするという、かつて中国で女性に対して行われていた風習である纏足。

今では行われていない過去の文化ですが、その時代を生きたおばあちゃんの足を撮影した映像があったのでご紹介。

足が小さい方が美しいという考え方。

纏足文化ができた原因は、小さい足の女性の方が美しいと考えられたからで、足が小さくない女性は嫁の貰い手がなかったそうです。

文化と言われてしまえばそれまでですが、現代ではちょっと考えられない風習ですね。

衝撃映像カテゴリの最新記事